少し昔話をしたくなった 【竜也編】

少し昔話をしたくなった

1: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 15:11:09.15 ID:OOn.iLY0
俺って二回もスレを立てて、お前らが偶然、発見してるよな・・・
もしこれが三回続けば・・・奇跡だと思わないか・・・?

それって何て言うか知ってる・・・?

暇人乙・・・って言うんだよ・・・ww

2: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 15:14:35.68 ID:OOn.iLY0
さて、暇人のタメに私、福田が昔話を語るスレにようこそ
ここはsage進行で行きましょうかww

正直ね、もうこっそり進めたいww
人多すぎたら面倒くさいしww

さて、前回書けなかった竜也に関するスピンオフですが・・・
正直、余り書ける物じゃ無かったので、俺の話で竜也が活躍する話を少し書きたいと思います。

余り面白く無いかもしれませんが・・・まあ適当に見てくださいww
3: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2009/12/04(金) 15:14:59.70 ID:Ge6hTgUo
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
4: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 15:17:42.68 ID:OOn.iLY0
>>3
俺と君とは運命だww

てかね、まだ書きかけなので、書け次第投下しますねww
それまで適当にまったりしておいて下さいww

今日の晩には投下しますね
5: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2009/12/04(金) 15:20:54.93 ID:Ge6hTgUo
嬉しいっ///

了解しました
またーり待ってるよーヽ(´ー`)ノ
13: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 18:45:25.14 ID:Jpr2.oSO
お待たせしました。
てか、動画はマジで良かったよwwお世辞抜きでさww
正直、俺は皆が「感動した」って言ってくれているねが意味が分からなかったけどさ・・・
動画見たら分かったわww
余裕で泣けましたb

今からのは、そんなにクオリティが高い話じゃ無いので、面白く無い人はスルーして下さいww
14: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 18:51:43.14 ID:Jpr2.oSO
あ、後さww森君にニコ動の事を言ったよww

先ずはその話をするよww

ちなみに森君(本名)て成っているが・・・もちろん本名じゃ有りませんww
まあ、薄々気がついている人もいたと思うんだけどさww

最初に森君の名前を何しようか・・・そう思った時に小池徹平が浮かんだんだけどね
中学の時の森君は小池徹平では少なくとも無かったので辞めたww
だから、本名に近い名前を適当に考えましたww

で、(本名)にしたら面白いかな?とww
ちなみにサトミが言う俺の「ユウ君」と言う名前は本名じゃ無いが実際に呼ばれてますww

15: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 18:57:34.34 ID:Jpr2.oSO
森君は先週の土曜日か日曜日、どっちか忘れたが・・・彼女と遊んだ後に暇つぶしに久しぶりに、ヨウツベやニコ動で動画検索していた。

ちなみに、俺の2ちゃんは森君の影響です。

なんかランキングが上がっている動画を見つけて、本当に何気なく・・・クリック・・・

最初は社会人編を見て、なんかめちゃくちゃ似た話だ・・・そう思い中学編を見たらしい

それから三時間位没頭して見た。
翌日、仕事から帰って再び見た。
て、言うか毎日見たらしいww

森君「これ・・・まさか・・・な・・・?」

そう思ったそうだww
16: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:02:59.44 ID:Jpr2.oSO
そして昨日、完結編を見た。
その時に・・・「マジで???え????」と成ったそうだww

そして昨晩遅くに俺は森君に電話した。
ちなみに板倉は殆どネットは見ない。
だから森君に先に言おうとしたんだ。

俺「あ、盗撮君?」
森君「誰かと思えばゲロリン君ww」
俺「久しぶりだな」
森君「うんww所で結婚式は決まった?」
俺「多分、4月か5月かな?」
森君「楽しみだわww」

そんな話をした
17: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:09:24.29 ID:Jpr2.oSO
俺「所でさ・・面白い動画を見つけたんだww」

俺がそう言うと森君は瞬間的に言った。

森君「・・・ひょっとして・・・消しゴム・・・とか言う・・・?」

俺「ああwwww知ってたwwww」
森「え???やっぱりか!!!あれ福田君が書いたの???」
俺「そーですww」

森君「うはwwwwwwマジwwwwwwスゲエ面白かったよwwwwww」

俺「俺の予想の答えとは違ったなww」

森君「いやww中々やるわwwあれ、漫画化してえよww」

森君はそれから大絶賛ww
なんかね・・・俺的に万が一怒ったらどうしようか・・・みたいな気持ちが有ったが拍子抜けww
19: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:12:12.02 ID:Jpr2.oSO
>>18
喧嘩すなww

まあ、森君から板倉に見せるそうです。

まあ、この話はこの辺りで・・・しかし手がかじかんで携帯弄るのが辛いww

ではスピンオフの始まり始まり・・・
21: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:17:06.87 ID:Jpr2.oSO
少しスピンオフをしたくなった

~あれは消しゴムですか?いいえ違います。あれはハンペンです~

-2008年12月19日-

竜也「全然帰って来ないっスね・・・」

竜也はそう言って缶コーヒーを飲む。

俺「だな・・・」

俺はタバコが無性に吸いたかった。
が、会社の車は禁煙なので吸えない。
仕方無しにガムを噛む。
かれこれ車の中で4時間過ごしていた。
腕時計を見ると時刻は22時を回っている。

22: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:19:21.63 ID:Jpr2.oSO
>>20
カワイイww

続き

夜が更けて寒さがジワジワと忍び寄る。

竜也「エンジン掛けたらマズイっすか?寒いんスよ・・・」
俺「ダメだ。近隣から苦情が来たら最悪だぞ」
竜也「さむーい・・・」

竜也は腕を摩る。
俺達はと有るスーパーマーケットの近くに車を停めて中で待機していた。

もちろん、既にスーパーの電灯は落とされている。
23: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:21:22.24 ID:Jpr2.oSO
竜也「福田さん、よく平気ですね?」
俺「ああ、俺カイロ持ってるし」

竜也「ええ???!!!マジっすか!!!!」
俺「靴とズボンの両方に入れてるww」

竜也「嫌々!!!俺にも下さいよ!!!」
俺「ぜってーやだ!!!」
竜也「恋人の弟にその仕打ちですか!!!!」
俺「公私はちゃんと分けるのが俺の偉い所ww」

竜也「てか!!!部下として下さいよ!!!」

俺と竜也がじゃれていると、目の前のスーパーに一台の車が入って行った。
24: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:23:09.26 ID:Jpr2.oSO
俺はそれに気が付くと竜也に言った。

俺「行くぞ!!」

そう言って車から降りる。
竜也も慌ててスーツの前ボタンを閉めて車を降りた。

俺達は走って、その今入って来た車の前に向かった。
車からは50歳位の中年が降りてきた。

俺「専務!!!お世話になってます!!!株式会社○○の福田です!!!」

俺がそう言って専務の前に行った。
専務は慌てた様に俺を見ると
「ああ・・・福田君・・・」
そう言ってバツの悪そうな表情をする。
25: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:24:57.43 ID:Jpr2.oSO
竜也「専務、遅くまでお疲れ様です・・・やっぱ年末はお忙しいですね・・・」

竜也がそう言った。

馬鹿野郎なんでそんな事を言うんだ。

専務はその言葉に頷いて
「そうなんだよー、忙しくてねー・・・今からまた○○店に行かないといけないんだ・・・せっかく来てくれて申し訳無いんだが・・・また・・・」
専務はそう言って、スーパーの事務所に小走りで向かう。
26: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:26:43.06 ID:Jpr2.oSO
俺はマズイ!!
そう思い笑いながら言った。

俺「あwwそうなんですかwwそしたら○○店までご一緒しますよww」

そう言うと専務の動きが止まり、
「あ、いや・・・ちょっとゴニョゴニョ・・・」

なんかゴニョゴニョ言い出しやがった。
コノヤロー。
ヤバいな・・・ここで逃げられたら終わる・・・

俺はそう思ったが、専務は強引に事務所に入り
「じゃあ」
と言ってドアを閉めた・・・
27: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:28:24.66 ID:Jpr2.oSO
竜也「逃げらましたね・・・」

車に戻ると竜也が呟く。

俺は
「お前が余計な一言を言うからだ馬鹿!!!!」
と叫びたいのを我慢した。
そう言う言い方をしたら下は育たない。

俺「お前がアソコで自分で客と喋ろうとしたのは偉かったよ」
竜也「あwwそーっすかww」
俺「だが、『忙しいですよね?』なんて言い方をしたらダメだ。客に逃げ道を作ってしまうからな」

俺がそう優しく言うと竜也は頷いた。
28: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:31:23.98 ID:Jpr2.oSO
すると竜也が言った・・・

竜也「やっぱ、俺も成長してますかねwwwwww」

俺は・・・ピキッと来ましたよ。

そのまま竜也の首を絞めると叫んだ。

俺「成長してねーよ!!!!てか、俺の話を聞いてないのか!!!!お前は!!!!」
竜也「苦しい!!!苦しいっす!!!」
俺「どこにお前が成長したなって話が有ったんだ市ねーーー!!!!!」
竜也「すみません!!!!すみません!!福田さん、苦しいっす!!!!」

・・・サトミさんへ・・・
アナタの弟は頭がおかしいです・・・
29: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:34:12.74 ID:Jpr2.oSO
-2008年12月20日-

翌日、俺と竜也は昨日の内容を課長に報告した。
課長は俺の報告を聞くと溜め息をついた。

課長「頼むよー・・・アソコは50店舗も有る大口なんだからさー」
俺「すみません・・・」
課長「長年付き合って来たのに・・・なんで今更解約なんだ?」
俺「恐らくは・・・別の業者に横入りされたのかと・・・」

課長「そもそも、あんな大口客を石原に担当させた、お前の責任だぞ福田」
俺「・・・すみません・・・」

俺は謝ったが心の中では
「テメエも認めただろーが!!!!」
と・・・叫んでいた。

権力にヨエーな俺は・・・
31: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:36:03.33 ID:Jpr2.oSO
課長「良いか、絶対に解約は認めん!分かったな!」

課長はそう言って俺らに「席に戻れ」とジェスチャーする。

嫌々・・・

俺「待って下さい・・・最悪金額を下げないといけないかも知れません・・・」

俺がそう言うと課長は首を振る。

課長「ダメだ。現状のままだ」

課長はそう言って再び俺らに「席に戻れ」のジェスチャーをした。
俺はまだ言いたい事が有ったが仕方なく席に戻らずに、そのまま喫煙所に行った。
32: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:37:54.13 ID:Jpr2.oSO
竜也「すみません・・・俺のせいで・・・」

喫煙所で竜也が俺に謝る。
俺は煙を吐きながら言った。

俺「まあ、気にすんなww別にお前が何かをした訳じゃ無いよww」
竜也「・・・すみません・・・」

俺「ただ・・・」
竜也「はい」

俺「何もしなさ過ぎだよ、もう少し客をフォローすべきだったな」
竜也「・・・すみません・・・」
俺「が、俺もお前に対して、その辺を注意してなかった。だから結局、これは俺の責任でもある」

俺はそう言ってタバコを消して考えた。

さてさて・・・どうするか・・・
33: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:40:09.95 ID:Jpr2.oSO
その日、またもや例のスーパーに竜也と向かった。
だが、専務は不在。
本当に不在かどうかは怪しいが、そう言われると引き下がるしか無い。

恐らく他業者から横入りが有るのは間違いない。
ただ、何故今更清掃会社を変更しようとするのか・・・?
安さ?
サービス?

正直、このスーパーの契約金額は安くは無い。
だが、俺が担当している頃からも横入りが何度か有ったが、全て断ってくれていた。

それが・・・今更・・・
34: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:41:45.29 ID:Jpr2.oSO
俺はそこまで思った時に運転席に座る竜也を見た。

やはり・・・コイツが何かをしでかした・・・?

いや・・・
竜也は馬鹿だが人に嫌がられる様な奴では無いし、言われた事はキチンとこなす。
だから最初に竜也から解約の旨を言われた際にも、俺は竜也を疑う事は無かった・・・

そこまで考えていると俺の私用携帯のメールが鳴った。

見るとサトミであった。

「お仕事お疲れ様。ご飯作っておいたから帰って食べてね」

そんなメールだった。
35: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:44:52.05 ID:Jpr2.oSO
そうか・・・今日は土曜日だったな・・・
サトミはずっと俺の家で待っていてくれたのか・・・

竜也「福田さん・・・」

その時、竜也が俺に声をかけた。

俺「うん?」
竜也「今日会えなかったら明日も待ち伏せしますか・・・?」
俺「・・・早めに決着付けないとマズイしな・・・どうした?」
竜也「あ、いや・・・何でも無いです・・・」

ふむ。
俺は頭は良くないが変な所では気が回る。

俺「彼女が・・・怒ってんのか?」
竜也「・・・そうなんスよ・・・忙し過ぎるって・・・」

俺「そうか・・・まあ、明日は日曜日でスーパーも忙しいし・・・明日は休むかww」
竜也「良いですか???」
俺「だなww俺も休みたいしねww」
竜也「良かったー・・・ありがとうございますww」

竜也は嬉しそうであった・・・
36: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:47:18.16 ID:Jpr2.oSO
-2008年12月21日-

昨日は結局専務が帰って来なかった。
俺は朝から一人スーパーの前で待っていた。

竜也にはああ言ったが絶対に時間を置いてはマズイ。
鉄は熱い内に打て。
これが営業の鉄則だ。

サトミには昨晩、竜也に内緒にする様に言った。
竜也が知ればゆっくり休め無いだろう・・・

だが、俺はサトミに甘え過ぎだな・・・
サトミが文句も言わ無いものだから・・・

サトミに申し訳無い・・・
そう思いながらスーパーの前で待つ。
37: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:49:53.98 ID:Jpr2.oSO
俺は待つのは得意wwだって最愛の彼女を11年も待ったからねww

あー・・・
サトミに会いたいなー・・・

俺がそんな事を考えていると、スーパーの入口付近に一人の老人がトボトボ歩いているのが見えた。

あれ・・・?
あれは・・・

頭の記憶の棚から色々な物を引き出す。
そして、引き出しから何かを見つけた俺は慌てて車から降りた・・・!

俺「会長!!!」

俺の言葉に老人はコチラを見た。
俺は老人の側まで走って行き頭を下げた。
この人はこのスーパーの会長であった。

昔に一度名刺交換をした事が有る・・・
だが、覚えてくれているのか・・・?
38: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:52:42.81 ID:Jpr2.oSO
俺「お世話になってます・・・あの覚えておいでか分からないのですが・・・清掃を・・・」

俺がそこまで言うと会長は頷いた。

会長「福田君だね・・・覚えているよ」

会長はそう言って笑う。
俺はビックリしたと同時に冷や汗をかいた。
80歳位の老人なのに、なんちゅう記憶力の良さだ・・・

流石は一代でこのスーパーを作っただけは有る。
39: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:54:29.44 ID:Jpr2.oSO
会長「どうしたの今日は?」

会長がそう言って微笑む。

うん・・・なんで・・・?

俺の中で疑問が浮かんだ。
もしも会長が清掃業者を変更する事を知っていたら、ここでこんな質問を笑顔ではしない。

と、言う事は会長は清掃業者を変更する事は知らない・・・
ここの社長と専務は会長の息子だ。
会長は一線を退いたと言えども最終決済は今でも会長に有る。
だが、未だに会長は清掃業者を変更する事を知らない・・
40: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:56:48.13 ID:Jpr2.oSO
・と言う事は・・・

第一にまだ本決まりでは無い、と言う事・・・
第二に、これは専務の独断でやっていると言う事・・・

そこまで考えた俺は会長に微笑みながら言った。

俺「あ、近くを寄ったものですから・・・ご挨拶にww」

俺はそう答えた。

会長「そうか・・・うん、ご苦労様だねww」

会長はそう言って笑った。
俺の恋愛の時には働かない頭のコンピューターが一つの質問を出した。

俺「最近はどうですか?いきなりの不況で皆さん大変だとおっしゃっておられますが・・・」
会長「厳しいねwwだけど幸いな事にウチはまた店舗を増やすよ・・・そしたらまた清掃を頼むねww」

その言葉に俺の中の何かが閃きかけていた・・・
だが、俺の頭は限界だ。
少しゆっくり整理したい・・・

俺「そうですかwwありがとうございます!精一杯頑張りますので宜しくお願いします!」

俺はそれだけ言うと会長と別れた。

何かが繋がった・・・!

41: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/04(金) 19:59:51.66 ID:Jpr2.oSO
とりあえず、書き溜めは以上です
また続きを書いて投下します

なんか眠いー

ノシ
42: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2009/12/04(金) 20:04:30.59 ID:J8G9tDEo
おつ。ゆっくりやすんでいってね!


77: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 07:24:42.11 ID:vosmNASO
おはよう今回の土曜日と日曜日は土曜日の夜中に立ち会いに行って、後はサトミと過ごしていました
てか、昨日は夕方の5時から今朝の六時半まで寝てたわww
寝過ぎでまだ眠いっす

いや、ちなみに俺の顔はマジで男前じゃ無いです
チュートリアルの福田に似てると言うのは、会社の事務員さんに言われたからなんですよ
仕事が出来る云々は社会人に成って三年経験して部下を持てば誰でもこれくらいは出来ますよ

部下を持ったらね、部下の失敗から学べる事が沢山有るんですよ
78: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 07:34:55.00 ID:vosmNASO
ちなみに今から通勤電車を利用して続きを書こうと思います
遅筆ですみませんww

あと、板倉が動画を見たそうですww

感想「なんで森君が小池徹平で、俺がインパルスの板倉なんだ???俺は江口洋介に似てるだろーが!!!」

俺「でも、人気が有って良かったじゃないww」

板倉「ま、まーな・・・///」

照れてましたww

で、最後に・・・

板倉「まあ、少し・・・泣いたわwwwwww」

との事でしたww
83: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 13:55:03.25 ID:vosmNASO
お待たせ!フクちゃんてなんか聞いた事が有る様な無いような・・・

まあ、とりあえず続きを投下します!
84: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 13:56:28.85 ID:vosmNASO
その日曜日、俺は家に帰らずにそのまま会社に向かう。
そしてガランとした事務所の中で一人、デスクでPCに向かい考えていた。

さっきの会長の言葉に俺の中で解決の糸口が見つかりかけている。
だが、それが何かが分からない。
漠然と目の前に糸の束が転がっているだけだった。

どの糸が解決に向かっているかが分からなかったのだ。
85: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 13:58:42.24 ID:vosmNASO
俺は現実逃避からか、いつの間にか2ちゃんを開き、オッパイスレで

「さっさとうpしろやKs」

とレスしていた。
すると携帯にメールが着信。
サトミからであった。

「あんまり頑張り過ぎて体を壊したらダメだよ。それと、クリスマスは大丈夫ですか?お仕事優先で私は大丈夫です」

そんなメールが入っていた。

そうだ・・・
クリスマスだ・・・
初めてサトミと迎えるクリスマス・・・
俺は一ヶ月前からクリスマスイヴの日にイタリアンレストランを予約していた・・・
86: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 14:00:37.81 ID:vosmNASO
それまでには解決したい・・・
と、言うかその日はサトミ優先だろjk。

俺はオッパイスレに少し未練を感じつつスレを閉じた。
そしてサトミに返信。

「大丈夫!その日はサトミ優先です」

そう返事する。
そして喫煙所に向かい頭を落ち着かせた・・・

なんで専務は独断で業者を変えようとしているんだろう・・・?
業者からのバックマージン・・・?
87: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 14:02:16.69 ID:vosmNASO
いや・・・
それは考えにくい・・・

あそこの社長は専務の兄だが、長男と言うだけで社長をしている。
殆ど舵を取っているのは専務だ。
そんな人がバックマージンを受け取るとは考えにくい・・・

そうすると、考えられるのは一つだけ・・・
88: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 14:05:22.34 ID:vosmNASO
-2008年12月22日-

翌日、俺は出勤した竜也を捕まえて喫煙所に向かった。

俺「お前、あそこのスーパーで仲良い人いる?」
竜也「仲良い人・・・ですか・・・?」
俺「そう、例えば事務員の女の子とかさ・・・」
竜也「いや・・・特別仲良い人は・・・なんでですか?」

竜也が大きい目をパチパチと瞬かせる。
コイツはよく見ればサトミに似ている。

俺「いや、実は新しい店舗を作るらしいんだよ・・・そこの情報が欲しいんだよ・・・
出来れば経理の人で口が軽そうな女の子が良いと思うんだが・・・」
89: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 14:07:19.40 ID:vosmNASO
俺は基本、女の人はいくつに成っても苦手であった。
どうしても格好を付けてしまうので上手く喋れない。
あしらえない。

だが竜也ならイケメンだから経理の女の子とも仲が良いかと思ったのだ。だけど・・・
まあ・・・自分が出来ない事を部下にさせるのは・・・

俺がそう思っていると竜也が言った。

竜也「じゃあ、経理のAさんに聞いてみましょうか?」

はい?
経理のAさんは古株のオバサンだ。
いつもムスッとしていて怖いので俺は苦手だった。
90: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 14:10:25.20 ID:vosmNASO
俺「え・・・?お前Aさんと・・・話出来るの?」
竜也「お昼ご飯を二回位奢って貰いましたww」

はあああああああああああ??????!!!!!

俺「なんで???え???マジで???」
竜也「え?他の女の人ともお昼ご飯行ったり、前は飲みに行きましたよ?」

竜也はキョトンとした顔で言う。

俺「お前、さっき仲良い人いないって言ったじゃん!!!」
91: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 14:12:22.82 ID:vosmNASO
竜也「あwwwwそれは特別に仲良い人って事ですよwwwwみんなと平等に仲良いっすよwwww」

なんだ?????
なんだこのイケメンは?????
俺は何故かムカついて竜也の太ももに膝を何回か入れる。

竜也「痛い、痛い!!!な、何するんスかあ!!!」
俺「とにかく、あれだ・・・Aさんに聞いて来い・・・」
竜也「分かりました!!!」
俺「てかさ・・・」
竜也「え??」
俺「・・なんでもねーよ!早く行け!!!!」」

本当は竜也に、どうやったらそんなに女の人に人気が出るか聞きたかったが俺のプライドが邪魔をした。

竜也にAさんに聞くポイントを控えて持って行かせた。
92: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 14:13:57.01 ID:vosmNASO
その日は竜也が例のスーパーに行ったので、俺は竜也の客を対応したりと中々大変な日だった覚えがある。

気が付くと竜也からの連絡も無いまま夕方に成っていた。
アイツ・・・何をしているんだ?
時間が掛かり過ぎだし、連絡をして来いよ・・・

竜也にメールを送るが返って来ない。
事故とかしてないよな?
俺が心配になり電話をしようとした時に調度竜也が帰って来た。
94: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 14:21:17.01 ID:vosmNASO
竜也「福田さん、お疲れっす」
俺「お前さ、一本位連絡入れろよ・・・」
竜也「あ、すみません電源切ってましたよ、俺女の人を落とす時は電話を切るんですよ・・・」

ちょっと待て。
コイツ・・・まさか・・・

俺は急いで竜也の首根っこを持ち事務所から喫煙所に連れていく。

竜也「痛いっすよ!」

俺は竜也を喫煙所の自販機の隅に押し込んだ。

俺「お前・・・まさか・・・やったのか・・・?」
竜也「はいwwwwww」

俺は目の前が一瞬真っ暗に成った・・・
ヤバい・・・
コイツ・・・洒落に成らん事をした・・・

95: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 14:22:47.93 ID:vosmNASO
俺がよろけてしゃがみ込む寸前に竜也が笑う。

竜也「冗談っすよwwやる訳無いでしょww」
俺「お前はやりかねんわああああ!!!!」

俺はホッとしつつも一抹の不安を覚える。

竜也「いや、昼飯誘ったらAさんが早退しまして・・・wwそのまま喫茶店でずっと喋ってましたよ」
俺「ホントに・・・喋ってただけか・・・?しゃぶっては貰って無いだろうな・・・」
竜也「え?」
俺「いや、なんでも無い・・・で?どうだった?」

96: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 14:23:57.41 ID:vosmNASO
竜也「あ、やっぱり福田さんの思った通りっすよ・・・新店舗設営は専務が推進してるみたいです」
俺「やっぱりか・・・で、場所は?」
竜也「○○台です」
俺「高そうだな」

竜也「実際に高いみたいですよ、会長とかが本当に大丈夫か?って言ってるみたいです」
俺「恐らく当初は大丈夫だったが・・・段々計算が狂って来た・・・」

竜也「そうです、そこにC社が営業に来たそうです・・・で、大幅なコスト削減の提案が在ったようですね」
97: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 14:25:10.57 ID:vosmNASO
俺「C社か・・・クソッ・・・」

C社はウチの超ライバル会社だった。

俺「見積もりは・・・分かるか?」

多分、そこまでは分からんだろうな・・・
俺がそう思っていると竜也がニヤリッと笑った。

竜也「それが教えて貰いましたよwwワザワザAさんが用事を作って会社に立ち寄って専務の机からコピーしてくれましたww」

マジで?
コイツ、本当にAさんと肉体関係が有るんじゃ無いか?
98: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 14:26:43.91 ID:vosmNASO
俺がそう思っていると竜也は胸ポケットから紙を取り出す。
C社の見積もりだった。

俺「でかした!!!!竜也!!!!」
竜也「お陰で、Aさんと年末に飲みに行く事に成りましたよ・・・・」
俺「付き合えば?」
竜也「絶対に嫌ですよ!!!!てか、その時は福田さんも来て下さいよ!!!!」

俺は竜也の言葉を無視して見積もりを見た。
C社はウチの半額の値段を出している。
これだけ浮けば充分に新店舗のローンを支払えるだろう・・・

俺「さて・・・後はこれをどうやって切り崩すか、が問題だねー」

竜也「てか、マジで来て下さいよ福田さん」
俺「・・・・」

竜也「ちょ!マジで!!!」
俺「・・・・」
竜也「福田さん、なんで寝てるんですか!!!!」

俺は次なる作戦を考えていた・・・
99: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/07(月) 14:27:37.00 ID:vosmNASO
とりあえず以上です
続きはまた書きます!

さっきから電話ウザい
100: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2009/12/07(月) 14:28:25.55 ID:aIpOY2wo
福田乙!

仕事頑張れ~


111: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/08(火) 19:26:41.18 ID:Gs8pBISO
部長に怒鳴られたww
でも、気にしないww

とりあえず書けた分だけ投下しまっす
112: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/08(火) 19:28:43.53 ID:Gs8pBISO
その日の夜に俺は帰ろうとする課長を止めて、竜也の情報を話した。

俺「・・ですから、ウチも値段を下げるべきです!」

俺がそう言うと課長は渋い顔で首を横に振る。

課長「ダメだ。値段は下げられん」
俺「じゃあ、どうするんですか!このままじゃ確実に取られますよ!」
課長「そこは・・・何とかしろ・・・」

はあああああ?????!!!!!
俺は手に有ったクリップを伸ばして課長の目を突こうかと思った。
113: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/08(火) 19:30:35.04 ID:Gs8pBISO
隣に立つ竜也が課長を睨んでいた。

課長「良いか?何故値段を下げる?値段を下げて採算が合うか?」

そりゃアンタの言う通りだよ。

俺「いや、でも解約されたら全部終わりじゃ無いですか」
課長「頭を使え・・・値段を下げるのは最終手段だろうが」

課長はそう言って立ち上がり俺を見た。

課長「みんな・・・こう言う修羅場を潜り抜けて上に上がるんだ・・・まあ・・・頑張れ!お前も踏ん張り所だぞ!」
114: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/08(火) 19:32:19.25 ID:Gs8pBISO
俺は課長の言葉に下を向く。
課長はそれだけ言ってコートを羽織ると「じゃあ」と言って帰った。

俺は竜也と顔を見合わせて溜め息をついた。
そして、二人で席に戻る。
席に座り俺が何も考えずにPCの画面を眺めていると松平が事務所に戻って来た。

松平「お疲れ様です・・・暗いですね・・・」

俺らを見るなり松平はそう言う。

俺「お疲れ・・・そりゃ暗くも成るよ・・・」
松平「例のスーパーの件ですか?」
115: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/08(火) 19:34:10.36 ID:Gs8pBISO
俺「そうなんだよ・・・もう、何も思い浮かばん・・・」
竜也「いや・・・実はさー」

竜也が松平にあらましを説明した。
松平は聞き終わると
「んー・・・」
と呟き俺をキリッとした表情で見る。

松平「それって・・・逆を返せば採算が合えば良いんじゃ無いですか・・・?」

なんだと。
俺は松平を黙って見つめた後に、そっと右手を差し出した。

俺「ナイスだ・・・松平・・・」

俺は松平に負けないキリッとした表情を作っていた・・・
116: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/08(火) 19:36:19.74 ID:Gs8pBISO
俺と竜也はそのまま、係長の所に行く。
係長は気弱な人で仕事は出来ないが良い人だ。

俺「係長♪」

俺が笑顔でそう呼ぶと係長はビクッとした。
係長は無視してパソコンに向かい作業を続ける。

恐らく何かを感じたのだろう。
俺は竜也に合図をした。

竜也は係長の肩をポンと叩き
「かかりちょー♪」
と再び呼ぶ。

係長はビクッとして立ち上がると
「あ・・・俺、現場に行く時間だ・・・」
そう呟いた。
117: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/08(火) 19:37:53.91 ID:Gs8pBISO
俺はそれを無視して係長の肩に腕を回す。

俺「かかりちょー・・・さっきの課長の話しを聞いてくれました?」
係長「へ・・・?何??」

お前はすぐ目の前に居ただろうが。

俺「あら?聞いて無かったですか?じゃあ今から全部説明しますね」
係長「あ・・・いや、俺は現場に行かないと・・・」
俺「大丈夫。現場は石原に行かせますからwwなあ竜也?」
竜也「もちろんww」

竜也が頷く。
118: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/08(火) 19:39:06.87 ID:Gs8pBISO
係長は覚悟を決めた様にうなだれた。

係長「何だよ・・・ややこしい話しはダメだぞ・・・」
俺「あww全然ややこしく無いですよwwちょっと顧客管理データを見たいだけなので、メインパソコンにパスワードを入れて貰うだけですww」

俺がそう言うと係長はギョッとした表情を作る。

係長「ダメだよ!!ちゃんと課長が居る時に一件づつ申請を出してよ!!」

ウゼエなコイツは。
119: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/08(火) 19:40:22.81 ID:Gs8pBISO
それが面倒臭いし、一件、一件見てられないし、何より明日は祝日だし・・・

ああもう面倒臭い!

俺「まあまあww」

俺はそう言うと竜也と共に係長をメインのパソコンまで引っ張り、席に座らせた。

係長「いや、ダメだって!!!」

俺は係長の耳元で囁く。

俺「昔・・・僕は係長の代わりにクレームを抑えましたよね・・・」

俺の言葉に係長がギョッとする。
120: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/08(火) 19:41:54.38 ID:Gs8pBISO
俺「あの日は・・・係長、子供が風邪をひいた・・・って言ってましたけど・・・」

係長の顔色が悪く成っていた。

俺「まあwwこれ以上は言わないっスwwww」

俺がそう言うと係長は溜め息をつきながらパソコンを立ち上げた。

俺「ありがとうございます!!係長!!!」
係長「・・・なあ、福田って俺の事を上司だと思ってる?本当に・・・?」

俺は係長の顔を見ると微笑んだ。

俺「当たり前じゃ無いですかww係長にはどこまででも付いて行きますよww」

俺がそう言うと係長は溜め息をつきながら自席に戻った。

いや、ホントに嫌な人じゃ無いので嫌いじゃ無い。
てか、使いやすい上司だ。
121: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/08(火) 19:43:09.91 ID:Gs8pBISO
書き溜めは以上です!
今から部長に「飲みに行く」と言う名前のお説教をされに行って来ます!

ノシ
123: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2009/12/08(火) 19:55:28.11 ID:n4cW6oQ0
説教かよwwwwww

でも頑張ってる証拠だよなwwwwwwww
129: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/09(水) 08:16:27.30 ID:xLYt.oSO
おはようございます
昨日の部長の怒涛の攻撃は23時まで続きました・・・
朝マック食べて今日も頑張るか
130: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2009/12/09(水) 08:18:39.55 ID:vvbl8IEo
福ちゃんおかえりー
131: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/09(水) 08:22:24.53 ID:xLYt.oSO
>>130
ゴメン
まだ何も書いてないんだ 今日中に続きを投下しますね
138: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/09(水) 20:02:30.88 ID:xLYt.oSO
明太子を・・・
すみません、仕事がトラブってます・・・
今日は投下出来ないっす・・・

明太子食べて、仕事に戻ります・・・
本当にゴメン!!!


143: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 13:51:54.22 ID:FFZkgb.0
さてと、仕事する振りでもするか
投下いたします
144: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 13:54:23.68 ID:FFZkgb.0
不安げに俺らを見つめる係長を尻目に俺はパソコンに向かった。

俺「良いか、とにかく採算を合わすのに必要な物はなんだ?」

俺がパソコンに向かいながら竜也に聞く。

竜也「ウチ自体のコストの削減です」
俺「コストを下げる為には?」
竜也「ワックス代とか・・・の削減・・・?」
俺「それも、そうだが、それ以上に掛かっているコストがある」
145: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 13:55:17.95 ID:FFZkgb.0
俺の質問に竜也が考える。

竜也「人件費・・・?」
俺「正解!」

俺はこのスーパーに掛かっている人件費をデータから検出する。

俺「これを大幅に削減する」
竜也「どうやってですか?」
俺「まずはC社の見積もりを見ろ・・・この見積もりは床清掃のみの見積もりだ」
146: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 13:56:21.36 ID:FFZkgb.0
竜也「そうですね」
俺「て、事はさ、ウチが今やっているエアコンフィルターやバックヤード、駐車場の清掃を同じように無くすんだ」

竜也「なるほど、そしたら人間と時間を短縮出来ますね」
俺「そう。そして尚且つ今はスーパーの定休日昼間しか清掃に入れないが、これを別の日にずらして夜間に入れる様にする・・・そして、別の現場と組み合わせて人件費を削減するんだよ」
147: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 13:57:44.92 ID:FFZkgb.0
竜也「なるほど・・・それの組み合わせを考えて行けば良いんですね?じゃあ下請けには絶対に振れないですよね?」
俺「いや、そうとは限らない、例えばこの現場は下請けに振っている・・・この現場はこのスーパーの○○店に近い、そしたらこれも一緒に行って貰うんだよ、少しの金額でね」

竜也「なんかパズルみたいですね・・・」
俺「そうだ、取り合えず組み合わせを考えろ、そして採算が合うように設定をしろ」
竜也「大変だこりゃ・・・」
148: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 13:58:51.03 ID:FFZkgb.0
俺「係長!」

俺はぼんやりと俺らを見ている係長を呼んだ。

俺「このデータプリントアウトしますね」
係長「え??駄目だよ・・・」
俺「分かりました、じゃあ明日は休みですけど10時に事務所に出勤でお願いします」

係長「え???」
俺「だって、今日はもう遅いので明日まとめてやりますから・・・来て貰わないとパソコン開けれ無いじゃないですか」

俺がそう言うと係長は泣きそうな顔をした。

係長「え・・・明後日じゃ・・・だめ・・・?」
俺「だめ」

係長は半泣きの顔で何かをブツブツ言っていたが、最終的には渋々OKした。
少し可哀相だが部下が仕事したがっているから仕方ないでしょ。
149: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 13:59:44.80 ID:FFZkgb.0
-2008年12月23日-

俺は朝から組み合わせと金額の計算を竜也と行なっていた。
係長は俺らが来る前に出勤してくれてパソコンを開いて待っててくれていた。

しかもコーヒーまで買ってくれていたww
良い人だww

せっかくの天皇陛下の誕生日を俺と竜也は計算と見積もりの作成と、稟議書の作成に追われた。
150: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:00:35.63 ID:FFZkgb.0
途中私服の松平が飲み物とお菓子を持って事務所に来てくれる。

それから松平も手伝ってくれて夜までに見積書と稟議書を完成させた。

俺はその間にウチの会社の作業チームの各チーフに電話をして、例のスーパーを他の現場と併せて行って貰う事に了承して貰う。

そして、下請け業者にも、限りなく安い金額で例のスーパーに他の現場と併せて行って貰う事を了承して貰った。
151: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:01:41.69 ID:FFZkgb.0
全てが終わった時には時刻は20時を回っていた。

係長はひたすら暇つぶしにネットを見ていたせいか「頭が痛い」と呟いていた。

俺は全部を終えて竜也、松平、係長を連れて飯を食いに行ったのだった・・・

係長の奢りで・・・

152: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:02:39.94 ID:FFZkgb.0
-2008年12月24日-

その日は朝から課長が到着するや否や俺は課長の元に行く。

俺「課長」

課長は俺をチラリと見た。
俺はそのまま稟議書と見積書を課長に出す。
ドキドキして来た。
果たして課長はこの稟議書と見積書を通してくれるのか・・・

分からない。
昨晩から不安であった。
153: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:03:32.44 ID:FFZkgb.0
頭ごなしに、「ふざけるな」とか「だから値段は下げれない!」
と怒鳴られるのがオチかと不安であった。

だが、せっかく係長や松平まで手伝ってくれた物だ。
何とか通したい・・・
課長がジッと俺の見積もりと稟議書を見ている。
154: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:04:28.19 ID:FFZkgb.0
竜也も隣で緊張した顔を浮かべていた。
課長は見終わると「ふん」と鼻で笑い、自分の机の引き出しを開けた。

そして・・・
課長はニヤリと笑うと

「とっとと蹴りをつけて来い!!!」

そう言って笑顔で印鑑を押してくれた。

俺と竜也は顔を見合わせて頭を下げた。

俺「ありがとうございます!!!」

そう言って俺らはスーパーに向かう。
その前に松平と係長には一応お礼を言いました。
155: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:05:28.78 ID:FFZkgb.0
俺らはスーパーに到着して専務を探すが見つからない。
他の店舗にも顔を出したが専務が不在との事だった。
俺らは焦った。

竜也「てか・・・またもや張り込みっすか・・・」
俺「だな・・・」

俺らは事務所の有る本店の前で専務を待つ。
時刻はどんどん過ぎて行き、いつの間にか時計の針は17時を差していた。

竜也がそわそわしている。
分かっている。

恐らくはクリスマスイブの今日は彼女と過ごす約束をしているのだろう。
156: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:06:22.35 ID:FFZkgb.0
俺も不安に成って来た。
サトミとの約束を果たせるのかが不安だった。

レストランの予約は19:30だった。
今から話をして車でそのまま向かえば間に合わない事は・・・無いと思う・・・

が、本当に専務は来るのか・・・
18時まで待って来なければ今日は帰ろう・・・

そしてサトミの元に向かおう・・・
157: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:08:00.50 ID:FFZkgb.0
そう決めた・・・

が、竜也の予定はどうなんだろう?

俺「竜也・・・」
竜也「はい?」
俺「何時に待ち合わせだ?」
竜也「え?」
俺「彼女とだ・・・」
竜也「・・・19時・・・です・・・」

俺は溜息をついた。
そのまま車のエンジンを掛けた。

そして、車を走らせる。

竜也「どこに行くんですか・・・?」
158: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:08:54.85 ID:FFZkgb.0
俺「駅・・・お前は降りろ」
竜也「え???何でですか??」
俺「良いから・・・別に2人で行く事はねーよ」
竜也「嫌ですよ!!俺も待ちますよ!!!」

俺「うるせー、良いから彼女の所に行け!!お前、結婚したい彼女なんだろ??じゃあ大切にしろい」

俺がそう言うと竜也は黙った。
159: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:09:54.17 ID:FFZkgb.0
駅に到着して俺は竜也を降ろす。

竜也「・・・すみません・・・」
俺「まあ、お前が部下を持った時は同じ事を部下にしてやれww」

竜也「・・・本当にありがとうございます・・・」
俺「良いよwwじゃあな!」

俺はそのままスーパーに戻った。
そして専務を待つ。

・・・時刻は18時を回った・・・
160: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:11:01.00 ID:FFZkgb.0
俺は「ふう・・・」と溜息をついて思った。

さて・・・今日はもう帰るか・・・

俺がそう思った時だった・・・

目の前に見覚えの有る車が入ってきた・・・

・・・専務だ・・・!

俺は慌てて車を降りた。
そして専務の元に走る・・・
161: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:11:53.94 ID:FFZkgb.0
俺「専務!!」

俺がそう呼んだ時、専務は車を降りる瞬間だった。
専務は俺に気が付くと、またバツの悪そうな顔をする。

俺は逃げられない様に一気に捲くし立てた。

俺「専務!!少しだけお時間を下さい!!弊社の値段設定を少し変更させて頂きたいと思いお伺い致しました!!!」
162: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:13:26.72 ID:FFZkgb.0
専務は俺の言葉に動きを止めて俺を見た。

俺「・・・お願い致します・・・本当に少しだけお時間を・・・」

俺の懇願する様な表情に専務は黙って頷いた・・・

俺は事務所の応接室に通して貰った後に、専務が戻ってくるのを待った。
専務が「少し作業するから待ってて欲しい」と言われたからだ。

俺はその間にサトミにメールをする。
「ごめん、まだ客先で少し遅れる。本当にごめん」
そうメールした。

サトミからは「分かりました。お仕事頑張って」と返事が来た。
163: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:14:18.85 ID:FFZkgb.0
俺はサトミに申し訳無い気持ちで一杯に成りながらも、目の前の商談に集中しようと、話す順番をロールプレイングする。

しばらくした後に専務が現れた。

専務「お待たせして申し訳ない・・・」

そう言って専務が席につく。
俺はのっけから頭を下げた。
164: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:16:38.92 ID:FFZkgb.0
俺「専務、突然お時間を頂きまして誠に申し訳ございません・・・そして、今回、解約と仰せられた経緯は分かりませんが・・・もし弊社の方としましてはサービスに関しましては最高峰の物と自負しております!」

そこまで言うと専務は黙って頷いた。

俺「ですが、お値段に関しましては正直に申しますと、まだ企業努力が足りていませんでした・・・そちらを今回改善させて頂き、更により良い関係を築いていければと思い本日は参りました・・・実際に専務・・・このお話はどうでしょう?専務がご解約を検討されているのは・・・サービス面ですか?それとも値段ですが?」
165: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:17:45.61 ID:FFZkgb.0
俺はそう言って提案書を専務に見せる。
専務は少し迷って応えた。

専務「・・・値段だな・・・」

俺はその答えに満足して提案書の説明をする。
専務は黙って俺の説明を聞いていた。

そして見積もりを提出した時に専務の顔が少し変化した。・・・

行ける!!
俺はそう思い一気に捲くし立てた。
166: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:18:50.58 ID:FFZkgb.0
俺「今までの値段とは大幅に違います・・・ですが、それに伴いサービスも落ちる形には成りますが・・・決して他社と見比べて頂いても遜色の無い内容かと思います・・・!」

専務は黙って俺の見積もりを見ていた。
C社が提出している見積もりはエアコンフィルター洗浄等の値段が含まれて居ない。

俺が提出した見積もりも、それは入っていない。
だが、注釈付きで「店舗側の要望が有ればその都度実施する」との注釈を付けている。

勿論「但し毎回では無い」との注釈も付けている。

さて・・・専務の反応は・・・

167: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:19:41.57 ID:FFZkgb.0
俺がジッと専務の顔を見る。

専務は俺から何かを話して欲しそうだが、俺は敢えて黙った。
ここは無言で専務を追い詰めるべきだ・・・

専務は少し唸った後に言葉を発した。

専務「・・・分かりました・・・少し検討しましょう・・・」

専務がそう呟く。

はああああああ?????
逃がすか!!!!
168: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:20:33.20 ID:FFZkgb.0
俺「専務・・・内容はご理解頂けましたか・・・?」
専務「ああ・・・」
俺「今回の弊社のお見積もりの期日の日付をご覧下さい」

専務が期日の日付を確認する。
そして目を見開いた。

俺「そうです、期日は本日付です・・・通常は勿論期日に余裕を持たせます」

俺がそこまで言うと専務は俺を見る。
169: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:21:26.66 ID:FFZkgb.0
俺「ですが・・・現在、御社と弊社は契約関係にございます!!!値段を上げる交渉でしたら、勿論ご検討の余地が有るでしょう・・・」

俺はそこまで言って手をテーブルの上に置いた。
専務が俺の目を見た。

俺「先程、専務は弊社の値段が問題と仰られました!!今回弊社としては最高額の値引きをしております!!!今日、この日以外ではこの金額でのご契約は致しません!!!」
170: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:22:22.10 ID:FFZkgb.0
専務はジッと俺を見つめている。

俺「専務・・・ご検討されるので有れば・・・ご決断下さい!!!!!!」

俺がそう叫ぶと専務は「ふう・・・」と一呼吸付き、頷いた・・・

専務「・・・宜しく・・・お願い致します・・・」
171: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:23:58.37 ID:FFZkgb.0
その一言を聞いた瞬間に俺は全身の力が抜けた・・・

良かった・・・
潜り抜けた・・・

専務は俺を見てニヤリと笑う。
そして最高の褒め言葉を言ってくれた・・・

専務「福田君には・・・負けたよww」

俺も笑った。
172: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:25:06.08 ID:FFZkgb.0
スーパーを出た時に時間を確認する。
時刻は20時半を回っていた。
俺は全身から冷や汗が噴き出す。

ヤバい・・・俺は急いでサトミに電話をする。

が・・・出ない・・・うは・・・怒ってんのかな・・・

すぐにメールをした。

「ゴメン!!!今終わった本当にゴメン!!!今からレストランに行く!!!」

それだけ送ると俺は車を急発進させた。
173: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:26:05.35 ID:FFZkgb.0
信号で止まる度にイライラした。
早く変われよ!!!
そして細かく車線変更を繰り返す。
そんな事をしても危ないだけなのに、あの時の焦りと緊迫感は異常だねー。

そうこうしているとサトミからメールが来た。

「今はレストランの前で凍えています(怒りマーク)」

きゃあああああああああああああ!!!!!!!!
174: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:26:57.93 ID:FFZkgb.0
俺は車を運転しながら土下座をすると言うミラクルを起こそうかと思った。

が、すぐにメールが来た。

「冗談です。お仕事お疲れ様。余り慌てずに気を付けて来てね」

俺はホッとするも、今度はサトミに対しての申し訳なさが沸き上がって来る。
175: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:27:50.52 ID:FFZkgb.0
店に到着して車を近くのパーキングに停めて走ってサトミの元に向かう・・・

店の前に到着すると、サトミの姿は無かった・・・
中か・・・

俺が中に入ろうとしたら「どーん!」と言う声と共に後ろから背中を押された。

振り返るとマフラーを首に巻いたサトミが笑顔で立っている。
176: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:28:41.32 ID:FFZkgb.0
俺「ゴメン・・・本当に遅くなった」
サトミ「本当に遅く成ったねー・・コンビニの雑誌を全部読んじゃったよww」

サトミが少し膨れっ面で俺を見る。

俺「店は・・・どうしたの・・・」
サトミ「もうキャンセルしたよー」

うわ・・・俺はイロイロ駄目な奴だ・・・
177: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:29:42.31 ID:FFZkgb.0
俺が完全に凹んでいると・・・

サトミ「で?」
俺「・・・え?」
サトミ「どうだったの?お仕事は?」
俺「ああ・・・うん・・・上手く行ったよ・・・」

俺がそう言うとサトミは頷いた。

サトミ「なら許すww」

そう言って笑顔に成った。
178: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:31:17.15 ID:FFZkgb.0
俺「本当に・・・ゴメン・・・」
サトミ「良いよww竜也を先に帰らせたんでしょ?竜也から聞いた」
俺「ああ・・・うん・・・」

ヤバい怒ってんのか?
サトミは俺の手を握るとニコッと笑った・・・

サトミ「そう言う所が・・・好き・・・ww」

その一言が最高のクリスマスプレゼントだったよww
179: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:33:16.12 ID:FFZkgb.0
俺「どうする・・・今から・・・」
サトミ「んー・・・とにかくお腹が減りましたww」

俺「了解wwじゃあ俺がなんか作ろうか?イタリア料理ww」
サトミ「パスタでしょww

」俺「あれ?俺のパスタの美味さを知らない?京極さんが『こんな美味いパスタは初めてやー』って叫ぶよ」
サトミ「京極さんww」

俺「二人で美味いパスタ食べて、お酒を味わって、そして俺はサトミを味わうww」
サトミ「・・・・・」
俺「すみません・・・」

こうして俺らは初めてのクリスマスを迎えましたww

なんかねー・・・これからもサトミに苦労を掛けそうだわww

180: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 14:34:46.81 ID:FFZkgb.0
以上です
またね!!

何か書いて欲しい物が有ったら言ってね
書ける事と書けない事と有るけど・・・

じゃあ!!!
182: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2009/12/10(木) 14:41:18.20 ID:bEdAGBAo
福ちゃん乙ー
あれ?竜也が活躍する話しのはずだったのに
やっぱり福ちゃんのかっこよさが目立つwwwwww
竜也涙目wwwwwwwwwwww
191: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 18:51:42.40 ID:KXPyZ2SO
いや、なんかすみませんww
竜也はかなり役立ったんですよww

てか、営業してる奴はこの内容見たら普通だと感じると思う

確かに最後は俺のノロケww
良い彼女でしょww
192: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2009/12/10(木) 19:23:48.30 ID:EKkhiLw0
本当ごちそうさまですwwwwww

今年のクリスマスは仕事なのか?
193: 福田 ◆RzEettbBGE:2009/12/10(木) 20:21:38.12 ID:KXPyZ2SO
>>192
平日は仕事だけど、トラブルが無い限りは早く帰ろうと思ってます。
今年は店を予約せずに家で二人で過ごそうかと